当ブログの情報に関して、権利者団体やプロバイダー、またはそれに該当する組織・個人から削除を要求された場合、迅速に対応いたします。(詳細)

人気PVランキング

当ブログは違法行為の助長の手助けを進めるサイトではございません。
アップロードやダウンロードを行うと違法として損害賠償を請求される可能性があります。
※リンク先については未確認です。
最新CD Single - シングル 情報

2011年7月13日発売

2011年7月6日発売

2011年6月29日発売

2011年6月22日発売

2011年6月15日発売

2011年6月8日発売

2011年6月1日発売


デイリーミュージック DailY★MusiC TOP » Danity Kane

--/--/--
スポンサーサイト

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/01/18
Welcome to the Dollhouse - Danity Kane

Date: 2008/03/25

Artist: Danity Kane

Album: Welcome to the Dollhouse

Genre: R&B

Disk: 1

2006年にアメリカの人気オーディション番組「making the band3」で誕生した女性5人のグループ、danity kaneのセカンドアルバム。
このアルバムのレコーディングの様子は「making the band4」で放送されていました。(アメリカMTVのサイトで全エピソードを見ることができます)
ファーストアルバムはプロデューサーに言われるままに言われる曲を歌ったというイメージでしたが、
今回のアルバムでは彼女たちが「もっとこんな感じの曲が歌いたい」などの希望も訴え、彼女たち自身が作りたいアルバムに仕上がっている印象を受けました。
どの部分をどの人が歌うかも、ファーストアルバムではメンバー内で「誰が歌うのか?」とソワソワしたそうですが、デビューから2年経った今作品ではすぐに「このパートはこの人の声や歌い方があっているな」とサクサク決まったそうです。
そういう意味で5人全員がしっかり歌っているのにバラバラな印象を受けません。前半はノリのいい曲が一気に続き、後半はしっとりとしたバラードが出てきます。前半の曲は声を加工している曲が多く、せっかく歌唱力があるのにもったいないなと感じる部分もありますが、ノリノリの音の中に彼女たちの歌がいきいきと聞こえてきます。後半のバラードは、特に「poetry」「is anybody listening」は歌唱力が発揮されており、聞き応えがあります。また、interludeの「secret place」「flashback」が短いですが、非常に歌唱力が生きており素晴らしいです。
スポンサーサイト

デイリー旬ワード
アーティスト一覧
アーティスト一覧表示

openclose

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。